「溶接ヒューム」が特定化学物質になります

日頃、弊社製品をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

 

令和3年4月1日より、金属アーク溶接等作業について健康障害防止措置が義務付けられます。

 

厚生労働省では、「溶接ヒューム」について、労働者に神経障害等の健康障害を及ぼすおそれがあることが明らかになったことから、労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則(特化則)等を改正し、新たな告示が制定されました。

自動車整備業界におかれましては、今回の法改正で屋外作業場及び屋内作業場について金属アーク溶接等作業(溶接・溶断・ガウジング等含む)を行うすべての事業者が該当します。
屋内作業場で、金属アーク溶接等作業を行う自動車修理工場(鈑金塗装工場)は、屋内作業場に該当する場合が多くありますので、各種資料をご参照の上、対策をお願いいたします。

 

詳細は厚生労働省HPをご参照ください。
厚生労働省 報道資料:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12725.html

法令に関する詳細については各都道府県の労働局もしくは労働基準監督署にご確認ください。