非常用動力装置

より静かで、力強いパワーのディーゼルエンジンを使用した非常用動力装置。幅広い用途に応える信頼のパワーユニットです。

非常用動力装置の様々な用途、特長

様々な用途

非常用動力装置の用途

特長

1.静かな運転
水冷4サイクル、静かな運転で好評を得ております。
2.確実な始動性能
起動時間が短く、緊急時でも確実に始動します。
3.据付が簡単なユニットタイプ
専門工場で一貫してユニット架装し、規格化されていますので、結合・据付工事が容易です。
4.点検・修理が容易
ムダのない設計で、点検・修理がラクにできます。
5.安心できるサービス体制
全国のサービスネットワークを通じて行いますので、迅速で確実です。

非常用動力装置を用いたシステム例

消火システム

非常用動力装置を用いた消火システムのご紹介です。

この消火システムの他、用途に応じて選択準備しますので当社又は取扱販売店にご相談下さい。

  • 電磁クラッチ、ドライブシャフト(パワーコンダクション)
  • 各種カップリング、増減速器
  • プーリ掛け、延長ベット、相手機械とのセット架装など
  • 非常動力装置(消防用途)

新消防法の特別措置による日本内燃力発電設備協会の型式認定合格品

unit_yt5

unit_yt6

 

非常用動力装置の導入事例

重要文化財である妙心寺(臨済宗妙心寺派大本山:京都市)で、同寺と境内にある38の塔頭の防火体制を整備する事業に参画し、非常動力用パワーユニット及び自動盤6組を納入いたしました。

写真は2018年3月8日に行われた落慶法要と記念の放水式の模様です。境内に整備された放水銃を作動させると、重要文化財の三門や仏殿、法堂(はっとう)などの堂宇が水煙に包まれ、高さ20メートルの諸堂の屋根を越える高さまで水は届きました。

このように当社では、文化財施設の防火を担う設備の開発・製造を行い、「縁の下の力持ち」として社会に貢献しています。